カテゴリ

  • 初めての方へ
  • 用語集
  • 実績事例
  • メディア情報
一燈国際特許事務所

■住所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4
半蔵門ファーストビル3F

■電話番号
03-3515-7060

■アクセス
・東京メトロ半蔵門線
「半蔵門駅」3b番出口(SAPビル)
より徒歩3分

・東京メトロ有楽町線
「麹町駅」3番出口より徒歩7分

詳しいアクセスはこちら 無料相談実施中 03-3515-7060 ご予約・メール相談はコチラ

HOME > 実績事例

実績事例

予想を超える性能を出せた製品だが特許の取り方が分からない

背景

試作機を作ってみたところ、予想を超える性能が得られた。何とか特許出願をして守りたいが、どの部分が発明なのか、どの部分で特許が取れるのか、特許を取るにはどうすればよいのかが全く分からない。

施策

まずは発明発掘から着手。その業界の背景技術から、どのような経緯で試作機を作ったのか、従来製品と比べて何がどのように優れているのかを徹底的にヒアリング。性能向上の要因となっている根本的な発明を抽出。

次に、抽出した発明について特許出願をするための準備に入る。出願に必要な実験データを得るために試験機関を紹介し、試験機関の担当者も含めて効果的な実験方法や実験結果の有用性などを検討しながら特許明細書を作成する。明細書の作成以外に、出願に至るまでに数々の支援を実施。

お客様の声

何よりも、出願までのプランをいくつも示していただけました。本件に関する満足度は100%です。
実験結果も予想以上に素晴らしいものでした。業界の人がこれを見たら、それだけできっと驚くに違いありません。

簡単に模倣されやすい業界初システムを特許で守りたい!

背景

業界初のシステムを作ったが、見れば誰でも分かるもので簡単に真似されてしまう可能性があるので、何とかして特許で守りたい。
しかし、他業界には類似の技術が存在しているので、そもそも特許が取れるものかどうか、皆目分からない。

施策

何が業界初なのか、システムの根本的な強みはどこにあるのかを徹底的なヒアリングにより検討し、その強みに関連した新規な機能を発明として発掘。この発明発掘を通じて2件の特許出願を行い、うち1件は早々に特許が成立。1件は特許庁による審査中。

効果

お客様が元々アドバンテージを持っていると考えていた機能ではなく、別の仕組みに根本的な強みがあることを認識できた。
そして、その仕組みで特許を取得し、システムの独自性に加えて特許でもアドバンテージを築くことができた。
また、同様のシステムで他社に特許が取られる可能性もゼロではない中で仕事をするよりも、心を落ち着けて仕事に専念できるようになった。

1

アーカイブ

このページのトップへ