• 初めての方へ
  • 用語集
  • 実績事例
  • メディア情報
一燈国際特許事務所

■住所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4
半蔵門ファーストビル3F

■電話番号
03-3515-7060

■アクセス
・東京メトロ半蔵門線
「半蔵門駅」3b番出口(SAPビル)
より徒歩3分

・東京メトロ有楽町線
「麹町駅」3番出口より徒歩7分

詳しいアクセスはこちら 無料相談実施中 03-3515-7060 ご予約・メール相談はコチラ

HOME > 当事務所の特徴

当事務所の特徴

一燈は、企業の本質的な『価値・強み』を引き出し、中小企業・ベンチャー企業様の特許出願を徹底支援します 当事務所の特徴 ~知財のホームドクター~

当事務所は、知財部がない会社、知財担当者がいない会社の案件を多く手がけています。
「自社の知財を権利で守りたいけど、どうしたらいいのか分からない」、「特許は取りたいけど時間がない」、「必要な人材が足りない」など等。そういったケースが当所の得意領域です。
設立以来の豊富な実績とノウハウを駆使して、中小企業、ベンチャー企業様をフルサポート致します。

中小企業・ベンチャー企業の知的財産に特化

知財部がない企業の支援に関する実績とノウハウが豊富

当所は、設立当初から中小企業の知財支援に特化してきた特許事務所です。特に、組織として知財部を持たない企業のお客様や、専任の知財担当者が置かれていない企業のお客様に対し、数々のお手伝いをさせていただいております。
当所はこのような企業様向けの知財支援に関して、他事務所にはない様々な実績とノウハウがあります。当所ではこの実績とノウハウを駆使し、各種手続またはコンサルティングサービスを提供させていただきます。ですから、特許出願や商標出願が初めてのお客様でも、安心してご依頼いただけます。

社内で整理した資料がなくても出願手続が可能

当所は、知財部がない企業、知財担当者がいない企業の各種出願(特許出願、実用新案登録出願、意匠出願、商標出願)を多く手がけています。そのようなお客様の場合、出願用に内容を整理した資料がないケースが殆どです。資料がない状態でも、ヒアリングを通じて内容を整理し、出願手続きをすることが可能です。発明の内容をホワイトボードで説明していただいて特許出願したり、営業用のプレゼン資料から発明を抽出して特許出願したりすることを日常的に行っています。

お客様のビジネスと知的財産の全体を総合的に勘案した提案

当所が行うサービスは、単なる出願手続の代行ではありません。お客様のビジネスと知的財産の全体を総合的に勘案し、好ましい方法を提案いたします。中小企業の場合、同じ特許出願でも大企業と比べて1件に対する重みが違います。単に発明内容を聞いて特許出願するのではなく、お客様のビジネスにとってど う対応するのが良いのかを考えます。特許に限らず、意匠、商標、ノウハウなどの知的財産全体から考えて、より好ましい対応方法を提案させていただいており ます。
 

きめ細やかな対応(丁寧でわかりやすい説明) 

丁寧で分かりやすい説明とスピーディな対応

知財に関する知識や経験の少ないお客様にとって分かりにくい部分は熟知しています。それを踏まえて、分かりやすい情報を提供いたします。 また手続きのご案内をするときは、お客様に余裕をもって検討していただけるように、早めに案内状をお送りしています。 また、ご依頼のあった手続を単に代行するに留まらず、一連の手続を通じて、知財制度や取り組み方などをアドバイスいたします。ご担当の方は、当所とのやり取りを通じて知財に関する知識を習得していただけます。

お客様の立場に立った提案

お客様の個別のニーズに対応し、お客様の立場に立った提案をいたします。お客様のニーズはみな違います。数百社に上るお客様のいろんなケースをお手伝いしてきた経験をもとに、お客様にとって何が一番良い方法かを考え抜き、いくつかの選択肢としてお客様に提案いたします。
簡易にお客様の出願状況等を考慮して、マニュアル通りのご案内ではなく、お客様に合ったご案内を差し上げています。
その上で、お客様が最善と思われる方法をご選択いただいています。お客様にとって本当に良いと思われることを第一に提案し、実践していくというのが当所の方針です。

Noと言わないサービス

当所が提供するサービスの特徴は、「NO」と言わないサービスです。特許・意匠・商標などの権利を取得するために特許庁の審査を受けている場面や、取得した権利の活用を検討している場面などにおいて、意に反して障害が発生する場合があります。例えば、以下のようなケースです。

・特許の取得を希望している発明が既存技術とほぼ同じで、権利化の可能性が低いと考えられる場合
・自社で使用している商標について調査をしたら、他社によって既に登録されていることが発覚した場合
・審査の過程で特許庁から通知された拒絶理由を解消することが困難な場合

こんなときでも、お客様にとって何が一番良い方法かを考え、いくつかの選択肢としてご提案します。どんなに困難な状況でも、色んなオプションを提示できるのが当所の特徴の1つです。

万全なアフターフォローと全国出張可能なフットワーク

出願が無事に終わっても、それで完璧ということはありません。他にもやるべきこと、やった方が好ましいこと、やれることがたくさんあります。当所はこれらのことを事前にご案内しますので、気がつかないうちにできなくなってしまうことがなく、安心してお任せいただけます。
また、ご希望があれば、日本全国どこにでも出張いたします。本社所在地はもちろん、発明者のいる研究・開発部や工場にも訪問いたします。
 

顧客満足第一主義・公正なサービス

自分が損をしてもお客様の利益になることを提案

こちらが損をすることになっても、お客様のためになることであれば進んで提案いたします。 例えば、お客様から出願依頼を受けた場合でも、出願するよりノウハウとして保持した方が良いと思われるときは、そのような助言をいたします。 また、弁理士資格を持たない補助者に、仕事を任せっきりにすることはありません。 単なる手続の代行ではない、付加価値の高いサービスの提供を心がけています。他の事務所とは一味違うハイクオリティな仕事をベストプライスで提供させていただきます。

総合力を駆使した全力サービス

弁護士・会計士・税理士・社労士等とアライアンスを組み、毎日同一スペースで仕事をしています。ライセンスや紛争問題など、他の専門家と協力してお客様の様々なニーズに即座に対応できる体制を整えています。 もちろん、スタッフ間のコミュニケーションが密で、事務所としての一体感があります。事務所全体でベクトルを揃えて、お客様に最高のサービスを提供できるよう常に心がけています。 また、専門以外の技術分野のご依頼があった場合、信頼できる他の弁理士を紹介できます。

自己研鑽と日々の努力・勉学を惜しみません

研修、ゼミ、勉強会に積極的に参加し、各自が常にスキルを高め、より良いサービスの提供を目指しています。 知財関連の勉強会に参加することはもちろん、技術文献の購読も怠らず、最新技術の把握にも努力しています。また、事務所内でも特許や商標の勉強会を開いています。各自、特許明細書の質、中間処理、商標実務などに関するスキルの向上に常に努力しています。
 


ベンチャー支援のプロフェッショナルとして 企業に潜在している優れた知財を引き出し 磨きをかけて付加価値を高めていくお手伝いをしています。
カクシン知財発掘 もやもや特許出願
ご予約・メール相談はコチラ

このページのトップへ