• 初めての方へ
  • 用語集
  • 実績事例
  • メディア情報
一燈国際特許事務所

■住所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4
半蔵門ファーストビル3F

■電話番号
03-3515-7060

■アクセス
・東京メトロ半蔵門線
「半蔵門駅」3b番出口(SAPビル)
より徒歩3分

・東京メトロ有楽町線
「麹町駅」3番出口より徒歩7分

詳しいアクセスはこちら 無料相談実施中 03-3515-7060 ご予約・メール相談はコチラ

HOME > 初めての方へ

初めての方へ

特許とは?

特許は、有用な発明をなした発明者またはその承継人に対し、その発明の公開の代償として、一定期間、その発明を独占的に使用しうる権利(特許権)を国が付与するものである。

特許権は、無体物(物ではない、形のないもの)である発明に排他的支配権を設定することから、知的財産権のひとつとされる。日本の特許法においては、特許制度は、特許権によって発明の保護と利用を図ることにより、発明を奨励し、また産業の発達に寄与することを目的とするとされている(特許法1条)。

特許出願のメリット

1.独占的販売権や他社の模倣品排除

特許権を取得することで自社発明(製品)の模倣を牽制・差し止めができ、独占販売することができます。競業他社を抑制し市場シェアを獲得する上で自社製品の販売を拡大することができ、類似製品も抑止できることから価格競争でも優位にたつことが可能です。また、他人の模倣により受けた損害の賠償請求や模倣品の製品販売を中止することも可能です。

2.他社の特許権取得を排除

万が一、特許出願が権利化できなかった場合でも、特許出願にかかる発明技術を、他社に特許化されることを防止することも可能となります。つまり、特許出願後に、他社が類似アイデアに関して特許出願したとしても、その他人の特許権は認可されず、他社の特許権を排除することができるようになります。

3.販売促進・技術力の向上と信頼感の向上

特許出願をすることで、販売力の強化、ブランド価値の向上、技術力を対外的にアピールすることができ、製品の付加価値を高めることができます。また、銀行から融資を受ける際にプラス要素としても活用できます。

特許事務所(弁理士の選び方)

頼れるパートナーをお探しの方、弁理士選びは重要です!

知財経験が少ないお客様にとって、知財関連業務を依頼するパートナーとしての弁理士選びは非常に重要です。弁理士にも専門分野がありますし、持っている経験やノウハウも弁理士ごとに異なります。

例えば、化学を専門としている弁理士に電気関連の発明の特許出願を依頼しても、いい仕事は期待できません。また、お客様が知財部を持たない企業の場合、大企業の知財部から発注される仕事しかやったことがない弁理士に依頼しても、満足のいく結果が得られるとは限りません。

大企業を顧客とする弁理士は、知財部があらかじめ内容を整理したものを引き受け、端的に手続を代行するだけの単純な仕事をしています。そのため、知財部を持たない企業に特有の仕事の進め方に慣れておらず、注意すべき点も分からないことが多いのです。

知財部がない企業を支援する弁理士には、単に整理された内容を理解して手続を代行すること以上に、お客様の知財部のような立場で広い視野から適切なアドバイスをすることが求められます。しかし、それはどの弁理士でもできるというわけではありません。

よって、自社に合った弁理士をパートナーとして選ぶことが何よりも大切です。

特許事務所(弁理士)選びのポイント

知財部がない企業が弁理士を選ぶ際に留意すべきポイントは、概ね以下の通りです。

1.弁理士の専門とする技術分野が自社の技術に近いかどうか

弁理士にも技術分野の専門性があります。どんな技術分野でも問題なくこなせるという訳ではありません。自社の技術分野に詳しい弁理士、あるいは、自社の技術分野における出願経験が豊富な弁理士を選ぶと良いでしょう。

2.知財部のない中小企業に関する仕事の経験が豊富かどうか

弁理士が果たすべき役割や、そのために要求されるスキルは、知財部がある大企業向けの仕事と、知財部がない中小企業向けの仕事とで全く異なったものとなります。
両者は全く異次元のものであると言っても過言でありません。特許出願という手続き1つをとってみても、中小企業には大企業とは異なる出願のやり方があるのです。
やはり、中小企業の案件を普段やり慣れている弁理士を選ぶのがベストでしょう。

3.中小企業の仕事に対して熱意を持っているかどうか

社内の知財部で内容を整理した形で発注される大企業の効率的な仕事に比べて、相談から始まり内容を整理しながら進めていなければならない中小企業の仕事は、時間も労力も掛かります。
また、大企業では年間に何百件、何千件という特許を出願しますから、弁理士が一度繋がりを持てば定期的に依頼を頂くことができますが、中小企業の場合そういうことは稀です。
ですから、事務所の経営とか仕事の効率を考えれば、大企業の方が遥かに良いと言えます。ほとんどの特許事務所が大企業をメインの顧客とし中小企業を敬遠しているのは、そういう理由があるからです。
手のかかる中小企業の仕事であっても、決して手を抜かずお客様のためと思って真剣に対応してくれるかどうかは、ひとえに弁理士が中小企業の支援に対して熱意を持っているかどうかにかかっています。

4.気軽に相談ができ、親身になって答えてくれるかどうか

知財部や知財担当者が設置されていない、特許出願や商標出願が初めてなどというケースでは、企業側に知財に関する知識がなく、右も左も分からない状態に近いと思われます。そういったときには、やはり気軽に相談できる弁理士に依頼した方が心強いものです。
気軽に相談できてきちんと回答してくれる弁理士を選ぶのが良いということです。


ベンチャー支援のプロフェッショナルとして 企業に潜在している優れた知財を引き出し 磨きをかけて付加価値を高めていくお手伝いをしています。
カクシン知財発掘 もやもや特許出願
ご予約・メール相談はコチラ

このページのトップへ