メディア情報

  • 初めての方へ
  • 用語集
  • 実績事例
  • メディア情報
一燈国際特許事務所

■住所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4
半蔵門ファーストビル3F

■電話番号
03-3515-7060

■アクセス
・東京メトロ半蔵門線
「半蔵門駅」3b番出口(SAPビル)
より徒歩3分

・東京メトロ有楽町線
「麹町駅」3番出口より徒歩7分

詳しいアクセスはこちら 無料相談実施中 03-3515-7060 ご予約・メール相談はコチラ

HOME > メディア情報

メディア情報

<IPマネジメントレビュー2013.6 Vol.9>(橘和之)

知的財産教育協会発行による『IPマネジメントレビュー第9号』に、特集として「中小企業経営と知財戦略のポイント」と題するインタビュー記事が掲載されました。
中小企業に対する知財支援の現場を知りぬいた所長弁理士の橘が、中小企業の経営に資する知財をいかに創出し活用するかについて、自身の実体験を踏まえて熱く語っています。

インタビュー記事の内容はこちらをご覧ください。⇒ インタビュー記事内容


<特許的思考によるアイデア発想法>(橘和之)


有効な特許を取得するためには、優れた特許明細書の前提条件として、発明そのものの質を高めることが重要です。
本書では、発明の本質を捉え、新たなアイデアに展開させることで発明の質を上げるという一連の流れを、実務経験から培った発想法として、わかりやすく体系的に解説しています。
特許担当者はもちろん、基礎研究者、開発現場の技術者、企画担当者など、新しいアイデアを必要とする多くの方にもおすすめの一冊です。 

目次
第1章   質の良い特許を取得する
第2章   発明の良を上げるために有効な思考法
第3章   ロジカルシンキング-発明の本質を掴む
第4章   ラテラルシンキング-発明を多面的に展開する
第5章   特許的思考法の適用例



<特許明細書のチェック法>(橘和之)


プロフェッショナルである弁理士が書いた特許明細書をなぜチェックしなければいけないのか?どのようにチェックすればよいのか?理想の特許明細書はどうあるべきか?
本書では、筆者が長年の実務経験を通じて培ってきたノウハウを包み隠さず公開しています。
好評をいただいた当所主催セミナーで話した内容に事例を加え、特許明細書の本質論を分かりやすく解説しています。

目次
第1章   いま特許明細書に求められるもの
第2章   良質な特許明細書を作成するための考え方
第3章   特許明細書の作成依頼の仕方
第4章   特許明細書の具体的なチェック法
第5章   弁理士が特許明細書の作成で留意する点
第6章   特許明細書の良否を見極めるポイント



<弁理士短答式攻略法>(納冨美和)


短答式試験の勉強はとても孤独なもの...こんな不安を持つ受験生のために、合格というゴールまで早く辿り着けるよう、実際のスケジュールの内容から基本書・参考書等の使い方まで、意外と誰も教えてくれない実践レベルのマニュアル本です。

目次
第1部 知識のピークを本試験に合わせるために-「理解系」と「暗記系」の分類、そしてテーマごとの攻略法
第2部 答案添削から試験本番のテクニックまで-添削を受けることの重要性



<弁理士論文式攻略法>(納冨美和)


論文式試験の対策で重要なのは、論文を「書くための知識」を得ることと、その知識を答案に「表現する力」です。本書は、この2つの項目に重点をおき、論文式試験に合格するためのポイントを解説しています。

目次
第1部 スケジュールから各タイプ別勉強法まで-論文の勉強方法とスケジュールの組み方
第2部 答案添削から試験本番のテクニックまで-添削を受けることの重要性



<弁理士条約攻略法>(納冨美和)


パリ条約、TRIPs協定、特許協力条約(PCT)、マドリッド協定議定書、この4つの条約について、フローチャート→概要→詳細という構成に工夫を凝らし、理解のし易さとインプットの効率性を重視した教本です。

目次
第1部 パリ条約
第2部 TRIPs協定
第3部 特許協力条約
第4部 マドリッド協定議定書



<弁理士合格者に学ぶ勉強法>(納冨美和監修)


合格者13人の体験記を、「短期合格を果たした人の勉強法」「困難を克服して合格した人の勉強法」「創意工夫をして合格した人の勉強法」の3つのパートに分けて紹介。巻頭に、監修者による短期合格の秘訣、試験形態別勉強法等、「合格への基本戦略」を収録した体験記集です。



<特許明細書のチェック法>(橘和之)

大好評につき、セミナーをDVD化しました。特許明細書作成上の基本的な留意点を交えながら、ノウハウを余すことなくお話しています。書籍「特許明細書のチェック法」とあわせてご覧いただければ、より効果的です。

1

このページのトップへ