• 初めての方へ
  • 用語集
  • 実績事例
  • メディア情報
一燈国際特許事務所

■住所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-4
半蔵門ファーストビル3F

■電話番号
03-3515-7060

■アクセス
・東京メトロ半蔵門線
「半蔵門駅」3b番出口(SAPビル)
より徒歩3分

・東京メトロ有楽町線
「麹町駅」3番出口より徒歩7分

詳しいアクセスはこちら 無料相談実施中 03-3515-7060 ご予約・メール相談はコチラ

HOME > 一燈のサービスの特徴 > 特許申請

一燈のサービスの特徴

< 発明発掘  |  一覧へ戻る  |  特許出願 >

特許申請

特許権を取得するために行う手続です。
特許権は、特許庁の審査を受けて合格した場合に初めて成立するものなので、法律用語として正しくは、「申請」ではなく「出願」です。

特許出願の手続は、特許庁に対して、
①願書、②明細書、③特許請求の範囲、④要約書、⑤図面
を提出することによって行います。

どの特許事務所でも殆ど例外なく、この出願手続の代行を主な業務としていますが、代行の具体的なサービス内容は事務所毎に差があります。
他の特許事務所が行う一般的なサービスは、クライアント自身が発明の内容について整理した資料に基づいてヒアリングを行い、説明内容を単純に文章化して出願手続の代行をするだけです。

これに対し、当所が行うサービスの特徴は、“もやもや特許出願”です。“もやもや特許出願”では、発明内容を整理した資料が全くない状態でも、ヒアリングを通じて発明を抽出し、さらにそれを磨き、特許出願できる状態に整理していきます。

ですから、

・自社製品で特許が取れる部分はあるのか?
・自社のビジネスモデルは特許で守れるのか?
・どんなアイデアが特許になるのか?
・特許が取れる発明をどう捉えたらいいのか?


といった“もやもや”した状態からでもご相談いただけます。こういったお客様の“もやもや”を解消して特許出願に導いていくのが、当所が行う“もやもや特許出願”の特徴です。


発明発掘 もやもや特許出願

< 発明発掘  |  一覧へ戻る  |  特許出願 >

このページのトップへ